VAPEパーフェクト発信所

誰かにシェアしたくなる、VAPEについての記事をご案内!

電子タバコ・VAPEの魅力

最近チラホラ耳にするようになった電子タバコ(通称VAPE)ですが、所謂普通のタバコとは一体何が違うのでしょうか。まず、電子タバコ最大の特徴は味や香りのついた水蒸気を吸引するということです。リキッドという、食品添加物と香料からなる液体を加熱し、水蒸気にして吸引します。電子「タバコ」と呼ばれてはいますが、実際にはタバコの葉は使用されておりません。そのため、発がん性の高いタールが発生することもなく、副流煙や火災の心配もありません。また、タバコ独特の匂いが服や髪、部屋全体についてしまうこともありません。更に、日本国内では法律で禁止されているため、リキッドにはニコチンが全く含まれていないのも大きな特徴の1つです。次にコスト面ですが、初期費用として電子タバコ本体の価格(五千円から一万円程度)がかかってしまいます。しかし、一度本体を購入すれば次からはリキッド(千円弱)のみの購入で済むので、長期的に考えるとコストパフォーマンスは優れています。デザイン性の高いスタイリッシュな電子タバコもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

電子VAPEは従来製品と全く異なる

電子タバコAVPEが嗜好品としての地位と築きつつあります。従来の電子タバコは一線を画する製品として、若者文化に浸透しつつあります。海外ではすっかり文化として定着しており、様々なタイプの電子タバコが販売されています。海外ではニコチン入りのリキッドも販売されており、まさにタバコの代替と言えますが、国内では販売が禁止されています。VAPEのしくみは、香りのあるリキッドが重点されたカートリッジを熱することで、水蒸気したものを吸うところが特徴です。味や煙を楽しむスタイルが、広く受け入れられています。スタイリッシュでおしゃれなアイテムとして、所有欲を満たすというのが人気の一面です。人気モデルや芸能人が電子タバコを持つ姿が公開されると、同じように真似をするからです。カスタマイズも別の楽しみ方です。外観やデザインを気分独自のものに変更することや、爆煙など機能面での改造で楽しむスタイルもあります。

VAPEのリキッド代を安くする方法

VAPEを禁煙目的で利用する場合、禁断症状からVAPEを頻繁に吸って気分を紛らわせることになるでしょう。この行為自体は、体調を悪化させるといったことは全く起こりませんが、リキッド代がけっこうかかります。それでもタバコ代に比べれば安くなるはずですが、コイル代を加味すると、1日1箱を吸っていた場合は、同等の維持費がかかる可能性があります。リキッド代を大幅に安くしたい方は、グリセリン・プロピレングリコールを購入して、リキッドを自作すると良いでしょう。安価で大量にリキッドを自作することができますが、これだけでは煙は出ますが味が全くしません。この液体にメントールやバニラエッセンスを加えると、風味が出ます。自作してみると、販売されているリキッドの調合が実に優れていることが分かりますが、風味によっては、自作してもたいして変わらないものもあります。たとえば、ジン・リキッドなどは、ジンをそのままグリセリンとプロピレングリオールに混ぜても、販売されているものと味が全く変わらないでしょう。しかし甘い風味を自作するのは、なかなか難しいです。ただのメントールを自作するだけであれば、とても簡単にできます。安価で実験することができますので、ぜひお試しください。