VAPEパーフェクト発信所

誰かにシェアしたくなる、VAPEについての記事をご案内!

VAPEリキッドを自作するにあたっての注意点

VAPEリキッドを自作する場合、プロピレングリコールとグリセリンという2つの液体が必要になります。現在では、自作する方がとても多い為、ネット通販でも簡単に購入することができますし、レビューに多数、自作した体験談が書かれています。グリセリンだけを入れて吸うと、煙がたくさん出ますが、味が全くしません。また、液体がドロドロしていますので、うまくコイルに浸透せず、空炊きになり焦げ臭い感じがしますので注意してください。メントールを混ぜる場合、グリセリンには混ざらないので、プロピレングリコールに混ぜます。こちらは水のような液体であり、食品に良く使われていますが、メントールなどが良く溶けます。もしいまひとつ溶けない場合は、電子レンジに入れて加熱するとすぐに溶けます。煙を多く出したい場合は、グリセリンを多くしたほうが良いですが、1:1が無難な調合です。スーパーで売っているバニラエッセンスを加えたり、ジン等のお酒は原液のまま入れると、良い風味が出ます。自分の好きな味わいができると、自作したほうが圧倒的に安く作ることができますので、マスターしたいところです。欧州では、理科の実験で使ったような試験管で調合するようですが、凝った味わいを出すには、細かい調合が必要になります。

最初に購入するVAPEリキッドの注意点

はじめて購入するリキッドは、VAPEの第一印象を決めるほどにインパクトがあります。最初のリキッドが、物凄くおいしくなかったりすると、VAPEでの禁煙をあきらめてしまう方もいます。好みに関しては、ネットのレビューが、いかに当てにならないかは、多くの方が体験していることですが、自分が好きな食べ物だからといって、そのリキッドをおいしいと感じるかは、また別です。また、自分が吸っているタバコの風味は、むしろ禁煙には向きません。同じ風味を感じたら、どうしてもニコチンが入っていないことに気持ちが向きやすく、タバコを吸いたくなるでしょう。メントールリキッドが人気なのも、ミント系のガムやキャンディーが人気なのと同じ理由で、一時的に気分をすっきりさせることができるからです。しかしメントールも味わいが様々であり、異なるメーカーの異なるメントールを2、3本程度購入して試してみることをお勧めします。

電子タバコVAPEのメリット

最近よく耳にするVAPEですが使用に際して、四つのメリットがあります。一つ目は、経済的であるということです。初期費用に5000円から、10000円かかりますが、その後はリキッドと呼ばれる1000円程度のものを月に1本消費する程度なので、普通にタバコを吸うよりもお金がかかりません。二つ目は、健康的であるということです。ニコチンなどの有害物資を使用していないので、体に良いです。三つ目は、匂いが臭くないことです。リキッド自体にフルーツやスイーツの香料が使われているものが多いので煙草の煙のように服に匂いがつくなどの心配をする必要がありません。そして、四つ目はお洒落で、ファッションの一部としても使えるということです。日本にはまだそれほど浸透していないVAPEですが、海外ではファッションの一つとして使用されています。メリットもたくさんあるので、流行の先取りとして使用してみるのも良いかもしれません。